部分入れ歯

入れ歯119番 ホーム >> 部分入れ歯 >> 自費 シリコンフィット

自費 シリコンフィット

部分入れ歯 シリコンフィット

シリコンフィットの特徴は、粘膜面をシリコンで保護する優しさを備えた点です。
また、柔らかいので噛み締めることができ、かつはがれにくい装置といえます。

シリコンフィットの特徴

  • 柔らかいため、歯茎や歯茎の下の骨や粘膜面などに対して優しい
  • 精度が高く、口にぴったり合う
  • クッション効果によって、噛みしめることができる
  • 素材自体がいつまでも柔らかい

● 負担のかかる歯茎や歯茎の下の骨や粘膜面などをやさしく保護

保険適応の入れ歯は、歯茎に対してプラスチック(レジン)もしくは金属といった硬い素材で作られています。 部分入れ歯といっても、歯茎や歯茎の下の骨や粘膜面などに圧力がかかるのは良いことではありません。

しかし、シリコンフィットでは歯茎に対して柔らかい素材(シリコン)を使用しているので、柔らかい歯茎にピッタリとした感触を得られ、圧力などの負担を軽減できます。

● 歯茎や残っている歯にぴったりフィットする

シリコンのクッション作用と、その柔らかさゆえに深い部位でも装着が可能なので、歯茎や残っている歯にピッタリとフィットします。部分入れ歯でも隙間ができにくくなりますので、
食事中に食べ物が入れ歯と歯茎の間に入って痛む、といったことは軽減されます。

● 金属の止め具のない入れ歯にもできます

金属の代わりにシリコンを使うことで入れ歯を固定して、金属の止め具が見えない入れ歯にすることもできます。
シリコンフィットとノンクラスプを組み合わせることもできます。

お電話ください、お悩み解決します!
ページのトップへ
文字サイズ
プレミアム義歯調整とは? 無料メール相談 コラム よくある質問