部分入れ歯

入れ歯119番 ホーム >> 部分入れ歯 >> 部分入れ歯・保険

部分入れ歯・保険

保険適応治療による部分入れ歯では、入れ歯を支えるために「クラスプ」という金属の止め具を歯に引っ掛ける必要が あります。
そのため、見た目が良くありません。
残念なことに、保険ではこのタイプの部分入れ歯しか作ることができません。
性能的に考えた場合、咀嚼能率は天然歯の約20~30%程度といわれています。

部分入れ歯① 部分入れ歯②
部分入れ歯のメリット
  • ほとんどの症例で使用できる
  • 保険適応なため、費用は安価ですむ
部分入れ歯のデメリット
  • 周りの歯にクラスプ(金属の止め具)がかかるので、見た目が良くない
  • 部分床義歯に隣接している歯が虫歯になりやすくなる
    衛生的に良くない
  • 咀嚼能率が低い(天然歯の約20~30%)
  • 作りによって、違和感が強い場合がある
  • 顎の骨が痩せてくることで、最初に作った入れ歯が徐々に合わなくなる

見た目や衛生的な部分も問題ですが、私がもっともリスクだと考えるのは、「顎の骨」が痩せてしまうことです。 どんな入れ歯を使っていても骨は痩せますが、ちゃんとフィットした入れ歯であれば、骨が痩せていく速度を遅らせる ことができます。 「今噛めているから」という理由で、ズレのある部分入れ歯を使い続けるのはリスクのある行為といえるでしょう。

お電話ください、お悩み解決します!
ページのトップへ
文字サイズ
プレミアム義歯調整とは? 無料メール相談 コラム よくある質問