総入れ歯

入れ歯119番 ホーム >> 総入れ歯 >> 自費 シリコンフィット

自費 シリコンフィット

総入れ歯 自費 シリコンフィット

「総入れ歯にはするけど、歯茎が痛いのは困る」という方には、シリコンフィットが最適です。
シリコンフィットの特徴である金属クラスプを使わず目立たない審美性と、粘膜面をシリコンで保護する優しさを兼ね備え、はがれにくい装置です。
また材質が柔らかいので、そのまま噛み締めることができる入れ歯です。

シリコンフィットの特徴

  • 歯茎や歯茎の下の骨や粘膜面などに対しても優しい
  • 精度が高く、口にぴったり合う
  • クッション効果により、噛みしめることが可能
  • いつまでも柔らかい
  • 入れ歯についているクラスプ(金属の止め具)が付いていないので、審美性に優れている

● 負担のかかる歯茎や歯茎の下の骨や粘膜面などに優しく設計

保険適応の入れ歯は、歯茎に対してプラスチック(レジン)もしくは金属といった硬い素材で作られています。
そのため、歯茎や歯茎の下の骨や粘膜面などには、決して良い影響を与えていませんでした。
しかし、シリコンフィットでは歯茎に対して柔らかい素材(シリコン)を使用するので、柔らかい歯茎にピッタリとした感触を得られ、さらに圧力による負担を軽減できます。

● 歯茎や残っている歯にぴったりフィットする

今までの素材では入らなかった歯茎の深いところまで覆うことも可能なうえに、シリコンのクッション作用があるので歯茎や残っている歯にピッタリとフィットします。
その結果、隙間ができにくくなるので、従来の入れ歯の時にあった「食事中に食べ物が入れ歯と歯茎の間に入り、痛みが出る」とったことは劇的に軽減されます。

● 金属の止め具のない入れ歯にも

さらに審美性が気になる方は、シリコンを用いて入れ歯を固定し、金属の止め具がまったく見えない入れ歯にすることも可能です。

お電話ください、お悩み解決します!
ページのトップへ
文字サイズ
プレミアム義歯調整とは? 無料メール相談 コラム よくある質問