総入れ歯

入れ歯119番 ホーム >> 総入れ歯 >> 自費 ブレードティース

総入れ歯 自費 ブレードティース

総入れ歯 自費 ブレードティース

入れ歯の患者さんは、昔のように堅焼きせんべいやタクアン、ましてやお肉や刺身などを食べることが困難となります。
気持ちは食べたいのだけれども、保険適応の入れ歯は噛み切るためには作られていないため、食べること自体あきらめている人がほとんどだと思います。

そんな人の希望に応えられるのが、
この“ブレードティース”です。
これは、小さな力でもよく噛める入れ歯なのです。

ブレードティースの原理を簡単に説明すると「包丁」と「まな板」だということです。

総入れ歯 自費 ブレードティース

上顎の入れ歯に包丁のような金属歯を、下顎の入れ歯にまな板のような歯を装着することで、お肉などをよく噛める(切れる)ようになります。
食べものを細かく噛みくだく奥歯の機能を集約した形態の小さな金属のブレード(刃)にその秘密があります。
もし仮に誤って舌を噛んだとしても、舌が切れることはなく、とても安全な設計になっています。

ブレードは4枚あり、半球状の頂点をつくっています。噛む力がこの頂点に集中するために、小さな力でもしっかりと食べ物を噛みくだくことができるのです。

お電話ください、お悩み解決します!
ページのトップへ
文字サイズ
プレミアム義歯調整とは? 無料メール相談 コラム よくある質問