よくある質問

入れ歯119番 ホーム >> よくある質問

入れ歯を入れているのですがよく噛めません。

よく噛めないのことには、いくつかの理由があります。
まずは

その1:痛いからよく噛めない。
このケースの場合は、入れ歯と歯茎がうまくフィットしていない可能性があります。入れ歯のどこか一部が出っぱっているため、歯茎に食い込んでしまって痛みを発することがあります。痛ければ反射的に噛むことを避けようとする動きが出ます。この動きは無意識のうちにやってしまう反射行動なので、結果よく噛めない、となってしまいます。

その2:痛くないけれどもよく噛めない。
単に噛み合わせが良くないのかもしれませんね。特に部分入れ歯の場合は、残存しているご自分の歯同士の接触よりも、入れ歯の接触のほうが低いと、しっかり噛むことができないので、「噛めない」という感覚が生じやすいのです。

その3:気持ちの問題。
どんなによくできた入れ歯でも、神様が作ってくれた天然の歯並びほどの噛む力は発揮できません。もし患者さまが歯を失う前の噛み具合を期待しているとすれば… そこまで噛めるようにするのは難しいです。自費の入れ歯を選んだとしても、歯茎の残り具合によっては「何でも噛める」というところまではいかないこともあります。

ご飯がはさまってしまいます。

あまりうまい回答ができませんが…。入れ歯は、入れ歯とご自分の歯の間、あるいは歯茎の間に食べカスが入りやすいものです。それでも適合(フィット)が良いと、そう多くは入りませんので、なるべくよい入れ歯を選んでください。それだけで、はさまる量は少なくなります。とはいっても、まったく入らないということはありませんので、食後には入れ歯を外してご自分の歯とともにお手入れをなさるのが良いかと思います(それを人前でやるかどうかは、また別な問題ですよ)。

痛みがあります。

先に申しあげたように、歯茎と入れ歯がよくフィットしていない可能性があります。不思議なもので、昨日までは調子よく使えた入れ歯が、今日になって突然当たるようになる、なんてこともしばしばあります。そういった時には調整しますので来院してください。

金属の止め具が気になります。

部分入れ歯には、必ず歯に引っかけるためのパーツがあります。これを維持装置と言いますが、維持装置にはいくつかの種類があって、物によっては多少細くできる場合がありますのでご相談ください。

シリコンの入れ歯って良いんですか?

自費の入れ歯の場合、いくつもの種類があり、それぞれ長所があります。その長所が患者さんの要望と合致すると、良い入れ歯ができあがります。いくら長所があっても、その長所が患者さんに必要がなければ「お金の無駄」になるかもしれませんよね。まずご自分がどうしたいのか? あるいは何に困っているのか? それが決まると、シリコンがあなたにとって良い入れ歯になるかどうかがわかります。

欠損を放置しておくと、どんな不利益がありますか?

欠損した歯をそのまま放置しておくと、それだけ食事が適切に行なえません。栄養の摂取という意味で良くないですね(ダイエットになるかどうかはまったく別な問題です)。
次に、欠損箇所を放置することで、欠損の近所にある歯が勝手に移動し始めます。それによって噛み合わせがズレてきます。

噛み合わせがズレてくると、骨格にも影響が出て、背骨のゆがみ、肩こりや神経痛、痺れの原因になりかねません(もちろん全部が全部そうなるわけではありませんが)。

入れ歯を作るのにどのくらいの時間がかかるのでしょうか?

入れ歯本体を作るのに必要な期間は、小さめで単純な入れ歯の場合で一週間、大きくて複雑な物を作る場合で約一ヶ月ほどです。

ただし重要なのは、入れ歯本体よりもそのほかのご自分の歯がちゃんと整備されているかどうかです。たとえば、入れ歯を入れてから虫歯治療を始めると、前は合っていた入れ歯が合わなくなってしまうのです。したがって、入れ歯よりも先に虫歯治療などの整備が必要なのです。入れ歯以前の処置は、ケースバイケースでたくさんの期間がかかる場合ももちろんあります。

良い入れ歯を作るための予算はどれくらいでしょうか?

自費の入れ歯にはいろいろな種類があり、大きさもいろいろありますね。さらに処置はおひとりずつ異なるオーダーメイド治療ですから、金額にも相当な幅があります。目安としては12万~100万円前後とお考えください。自分の場合はいくらかかるのか知りたい場合には、お見積りしますので来院ください。

お電話ください、お悩み解決します!
ページのトップへ
文字サイズ
プレミアム義歯調整とは? 無料メール相談 コラム よくある質問