入れ歯コラム

入れ歯119番 ホーム >> 入れ歯コラム

自費の入れ歯を作れば大丈夫か? といえば…
いえいえ。そんなこともないのです。

入れ歯はさまざまな技術の塊です。そういう意味ではもっとも重要なのは素材ではありません。仮に金属床で何十万円という入れ歯を作っても、先生がきちんと技術を持っていなければ、それは単に素材だけはよいものを使った「保険レベルの入れ歯」に過ぎません。

自費でやる際に患者さんに考えてほしいのは、『自分が一番欲している要素は何であるか?』ということです。
たとえば、すでに保険の入れ歯を入れていて、「金属の止め具が見えるのがとにかく嫌だ」という人であれば、当院ではノンクラスプの入れ歯をお勧めします。
反対に「今の入れ歯は痛くて噛めない。見た目よりもちゃんと噛める入れ歯を!」という方にはブレードティースをご紹介します。

当院では患者さんの希望に合わせて、たくさんの入れ歯をご紹介できます。ですので、皆さんには、それぞれの入れ歯のメリットをしっかりと理解して選んでほしい、と考えています。

「自費なら何でもいい」、「たくさん払えば何でもいい」ということではありません。

何のために自費の入れ歯を作るのかをご自身で考えてほしいのです。
「入れ歯を作ろう」と思わず、「どんな未来を希望しているのか」を考えてください。

入れ歯とインプラント治療、どちらが良いか、
そんな優劣はつけることができません

「入れ歯よりも、インプラントのほうがよく噛めるんじゃないの?」という質問もあるかと思います。もちろんインプラントは優れた技術です。当院でも治療を行なっています。しかしインプラント治療にはいくつもリスクがあるのも、また事実です。

インプラント治療のリスク

  • 外科処置である点。口腔の状態によるので、誰でもできるわけではない
  • 糖尿病などの疾患がある人には適用できない
  • 骨の残り方によってリスクが変わってくる

また、インプラント治療は1度やってダメだったところに、再度インプラント治療を行なうは困難です。反対に入れ歯は、ひとつ作ったものを一生使うことはできませんが、口腔の状態に合わせて作り直しを行なうことで一生使うことができるのです。

しかし患者さんはそういった知識は持たないまま、インプラント治療をやろうして歯科医院にいき、上記のような条件を初めて知ることになるケースが多いかと思います。

さらにインプラント広告で集患している歯科医院は、どんな症状であってもインプラント治療で解決しようとします。その人にとって一番良い選択肢がインプラントとは限らないのに、インプラントにしてしまう。

患者さんは、歯科治療に関してそれほどの知識をお持ちではないでしょうから、インプラントを強く勧められたら、おそらく従ってしまうでしょう。

当院はインプラント治療を否定するつもりも、ことさら強く推すつもりもありません。
患者さんのお口にあった複数のご提案を提示してあげたい。その中のひとつとして、インプラント治療があり、自費の入れ歯があるのです。

繰り返しになりますが、患者さんは自分が何をしたいのかを明確にしてください。自費の入れ歯を入れるとしても「とにかく噛めるようにしてほしい」なのか、「噛む力はそれなりでも、金属の止め具がなく審美的に優れたものがいい」なのか。当院ではできるだけ多くの治療法をたくさん用意して、患者さんひとりひとりに合った治療法を提示できるよう努めています。

保険の入れ歯で噛めている人、
でもそれは今だけかも知れませんよ?

保険の入れ歯で噛めている人、でもそれは今だけかも知れませんよ?

入れ歯を歯肉に乗せた状態で噛むと骨・歯茎・入れ歯と圧力がかかりますよね。

骨は硬いから押されませんが、歯茎は押されると白くなって血行障害を起こします。
ギューッと噛んだときに歯茎が白っぽくなることです。

これを噛むたびに繰り返していると、中の骨は痩せていきます。
つまり入れ歯を入れている限り、骨は痩せていくのです。これは自費も保険も関係ありません。入れ歯を使えば骨が痩せていく、というは歴然たる事実です。

ただしよく噛めるだけではなく、歯茎との接地がピタッと決まっており、「変な当たりがない」・「一点に荷重がかからない」、つまりバランスの良い入れ歯を使っている場合には骨の痩せるスピードは遅くなります。

変な当たりがある入れ歯ですと、その部分からどんどん痩せていきますが、荷重が均一にかかっていれば骨が痩せる時間を遅らせることができるのです。

物を噛むときに1kgの力がかかったと仮定して、
『1kgの力を均等にバランスよく負担してくれる』のと、
『1kgの力が一ヶ所に集中する』のでは、骨の痩せ方の速度が違います。
これは5年後、10年後に大きな差になって出てくる問題です。

質の高い入れ歯を使っていれば、今「噛める/噛めない」という問題だけではなく、先々骨が残っていれば噛めるポテンシャル(潜在的な力)が全然違ってくるのです。
つまり「今噛めているから」と考えて、金額だけで保険の入れ歯を選んだ場合、例えば60歳から入れ歯を入れたとして、70歳80歳になって本当に骨がなくなってしまうと、その後の処置が大変になってしまいます。

バランスの良い入れ歯を入れ、5年後、10年後に骨がしっかりと残すことができれば、快適に噛むことができます。皆さまが70歳80歳になったときにもよく噛めることを望むのであれば、最初からなるべく質の高い入れ歯を選ぶべきです。

では「良い入れ歯の基準は、患者の希望次第」なの?
いいえ、ひとつだけ明確な基準があるんです

総入れ歯・部分入れ歯

「よく噛める部分入れ歯が欲しい」といったときに重要なのは、「入れ歯が動かない」ということです。部分入れ歯は取り外しできるため、どうしても動いてしまいますが、噛んだときに沈む/揺すられるといった動きがないことが重要です。

さらに部分入れ歯は、残っている歯に金属の止め具をかけるので、残っている歯にどれだけしっかりかけられるか。つまり残っている歯のポテンシャル(潜在的な力)も気にしなければなりません。そのなかでどれだけ動かないようにするか。これが歯科医に求められる技術です。

総入れ歯の場合の噛める/噛めないに関しても、やはり入れ歯が動かないということがもっとも重要です。入れ歯を柔らかい歯茎の部分に乗せて、「噛んだ時に、いかに動かないように作るか」。型取りももちろん大切ですが、相手は柔らかい肉ですから経年によって変化していきます。

たいていの場合、総入れ歯の人は土手が痩せてなくなっています。反対に土手ががっちりある人は、受け止める力が強く入れ歯もズレにくいので、結果的にはよく噛めるということになります。総入れ歯になって日が浅い人や比較的年齢の若い人ならば、保険の入れ歯でもけっこう噛めるものです。

しかし年齢とともに骨が退行してきて土手がなくなってくると…今度は入れ歯が動くようになってしまいます。それこそ真っ平らな歯にしないと痛くて噛めない。でも歯が真っ平らだと、タクアンのように噛み切る必要があるものは噛めない、となるのです。

「昔は保険の入れ歯でかめたけれども、今は痛い」のはこういうことです。
口腔の状態は以前と異なるのでカスタム(自分に合うものを作ること)が必要なのです。

口腔や土手の状況は人によって違いますし、要望や年齢によっても異なります。
しかしオーダーメイドでカスタム(自分に合うものを作ること)し、どのようなものが合うのかコーディネートできるならば、世界にたったひとつのあなた専用の快適な入れ歯をご用意いたします。

お電話ください、お悩み解決します!
ページのトップへ
文字サイズ
プレミアム義歯調整とは? 無料メール相談 コラム よくある質問