ブログ

初めて歯を失った方がお尋ねになられました。

「義歯を入れなきゃいけないのはわかるが、友人に残りの歯が歯槽膿漏になって抜けるよ、と言われて心配だ」と。

1、例を示して解説します。(この項、前回とほぼ同じです)

今、上顎の5番6番の二本の歯を失った方がいらっしゃいます。

ここに義歯が入ると

義歯は食べるための道具ですから、装着したまま食事をするわけです。特に針金に食べかす(食さ)がまとわりつきます。それから義歯床(ピンクのところ)の下に食べ物が入ってしまうこともあります。

食後このまま放置していれば、当然細菌が増殖します。

虫歯を作る菌とは種類が違いますが、歯槽膿漏菌が増えれば歯周病が悪化する可能性は高いですね。

2、お手入れの方法

食後5分以内に。

①義歯を外して洗う。

水道の流水で結構です。歯磨き用のブラシでこすりながら洗ってください。

唾液のネバネバを取るつもりでやるのが良いでしょう。

歯磨き粉は使わないように!研磨剤が入っていますので義歯が傷だらけになります(目に見えません)。傷に細菌が入るとにおいますし、不潔です。

②歯を磨く。

ブラッシングよりも、歯間ブラシなどで食べかすを取ることを重視してください。

もちろんブラッシングも行います。

義歯の洗浄の一例

①義歯に洗浄剤をつける(ハンドソープでも可)歯磨き粉不可。

②義歯ブラシでこする。

③流水下でブラシをかける。

 

 

前回の虫歯になりやすい話と同様に毎食後のお手入れ次第でリスクをほぼ完璧に回避することができます。

 

 

さらに今回は、「むしろ義歯を入れた方が歯槽膿漏を悪化させにくい」という話をさせてください。

まず歯槽膿漏(歯周病)について、修飾因子原因というのがありまして、

原因はそもそも歯周病になってしまう原因のこと、つまり歯周病菌または磨き残しのこと。

修飾因子とは、軽度になってしまった歯周病をより悪化させる要因、という意味です。

 

ここで重要なのは

修飾因子の筆頭が、咬合圧の偏在というのがありまして、要は噛む時の圧力がある一部分に集中するとその部分の歯周病が悪化する、ということです。

 

極端な例を考えてみましょう。

上のAさんは上顎の奥歯がありません。義歯も入れていません。

下のBさんは上下の歯が全部揃っています。

 

AさんBさんともに軽度の歯周病にかかっているとします。

今、この二人がレストランへ行って同じものを食べようとしたら、Aさんの上の前歯は噛む力が集中しすぎて悲鳴をあげそうですね。いくら下に歯が揃っていても下の奥歯は仕事ができないんです。

Aさんは前歯だけで全ての作業をしないといけませんので、それだけ負担がかかります。

ここで一言言っておかなければいけないことがあります。

実はAさんの前歯には上下で同じ負担がかかっています。しかし、通常の場合歯の生えている方向が上下で違うので、上の歯の方がより負担がかかるようになっています。

この絵は上下の前歯の断面図です。

食べ物を食べるときにかかる力(咬合圧と言います)がかかる方向が赤で記してあります。

下の歯は歯が生えている方向(歯軸)と同じ方向に力がかかるので耐える力が強く、上の歯は歯軸と全く違う方向に力がかかるのであまり耐えることができません。

このようにして上の前歯は特に歯槽膿漏が悪化しやすい傾向があります。

フレアアウト、と言って業界では有名な現象なのです。

 

こうやって残り少ない上の歯はもっと少なくなってゆくわけです。

仮にAさんが義歯を入れていて、奥歯で噛めればそれだけ前歯の負担は少なくなり長持ちが期待できます。

 

 

お電話ください、お悩み解決します!
ページのトップへ
文字サイズ
プレミアム義歯調整とは? 無料メール相談 コラム よくある質問