ブログ

前回のブログでの結論。

①かみ合わせの観点からは人工歯は歯槽頂の真上かやや内側に並べるのが良い。

②歯槽頂の位置は歯がなくなると、上顎では内側、下顎では外側に移動する。

1:では実際に歯を並べてみましょう

入噛み合わせの観点から理想的な歯並びの総れ歯!

何か変ですよね。

上の前歯より下の前歯が前方に出ています。

受け口の入れ歯になっています。

皆さんは受け入れられるでしょうか?

上顎は外側が吸収されてアーチが小さく。

そして下顎は内側が吸収されてアーチが大きくなりますので、

それに則した歯並びがこうなのです。

 

見た目的に理想的な総入れ歯

こちらの方が普通にみえますね。

どちらの入れ歯を入れたいでしょうか?

 

2:この義歯を入れるとどこが変わってしまうのか?

総義歯治療の目的は、

「噛み合わせを回復して健康的な食生活をおくる」ということのほかに、

「歯があった頃の顔貌を回復する」ということがあります。

上記の「受け口の義歯」では顔貌は回復することが出来ません。

この方は今、上下の入れ歯を両方外しています。

受け口の入れ歯を入れるとこんな感じ。

口唇まわりの張り出し方がたりません。特に上顎。

ですから鼻の下のシワが消えません。

 

こういう方が、、、

こうなるためには、上下ともに歯肉よりも張り出した部位に歯が並んでいないといけない訳です。

3:どのような不具合が起きるのか?

「顔貌の回復」という目的を叶える入れ歯を描いてみました。

前歯の部分を断面図のように描いてあります。左方向が前方。

土手の頂上よりもかなり外に前歯が並んでいるのがわかっていただけると思います。

特に上顎でその傾向が著しいです。

今、この入れ歯で梅干しを食べようとしています。

前歯でガリ!ってやりたいのです。

すると、歯肉の土手よりも外の位置で力がかかりますので、入れ歯は後ろからはずれてきます。

(矢印)

特に、下顎よりも上顎の前歯の方が土手よりもかなり遠いので、よりはずれやすいのです。

 

4:現実にはどう折り合いをつけるのか

前歯:

前歯の位置は「顔貌の回復」という目的があるので、土手の外側に並べるより他ありません。

ただし、まともに噛むようにすると上記のように上顎の入れ歯がはずれてしまいますので、並べ方に工夫を加えます。

具体的には上下の前歯は当たらない(噛まない)ように上下間に2ミリ程度の隙間を開けて並べます。

もちろんすき間が目立たないように。

結果的に上下の総入れ歯では「前歯でお蕎麦」は噛み切れません。

これは人工臓器としての宿命みたいなもので、なんでも回復できるわけではないのです。

前歯は見た目専門!

 

奥歯:

奥歯は「見た目」をあまり気にする必要がないので、なるべく歯肉の土手の頂上にはを並べます。

しかし、場合によっては外側への張り出しが足りない場合も出てくるので、そういう時はわざと大きい歯を作って(既製品を利用せず)ボリュームを出すことが有ります。

奥歯は噛み合わせ優先!

 

 

 

 

お電話ください、お悩み解決します!
ページのトップへ
文字サイズ
プレミアム義歯調整とは? 無料メール相談 コラム よくある質問