良い入れ歯を探しているなら…

総入れ歯と部分入れ歯、どっちが噛みやすい?
保険で作れる入れ歯、高い入れ歯とどう違うの?
入れ歯にくわしい歯医者さんの探し方
良い入れ歯とは?

「入れ歯に託す思い」、

「良い入れ歯」には明確な基準がひとつあります。
それは「動かない入れ歯」である、ということです。
これは間違いありません。
しかし患者さんの多くは「費用を下げたい」という理由で、保険の入れ歯を
作りがちです。そしてその出来上がりに失望する人は少なくありません。
私は、その人のお口にあった入れ歯を作ることをお約束します。皆さんには
このホームページで「自費の入れ歯」のメリットを知ってほしいと考えています。

詳細はこちら
精密義歯(入れ歯)の治療例紹介 コラム よくある質問 お電話ください、お悩み解決します!

総入れ歯

総入れ歯・保険

ほとんどの症例に対応でき、安価でできる一般的な総入れ歯。

詳細はこちら
自費 レジン床

保険の入れ歯によく使われるレジン床ですが、自費治療ではさらに丈夫な素材を選ぶことができるのです。

詳細はこちら
自費 金属床

保険適応のものよりも薄く、話しやすくて、違和感が少ない総入れ歯。

詳細はこちら
自費 ブレードティース

以前までの歯があったときのように快適に食事ができる総入れ歯。

詳細はこちら
自費 インプラントオーバーデンチャー

インプラントを埋入することにより、しっかりと安定した装着感を得られる総入れ歯。

詳細はこちら
自費 シリコンフィット

「入れ歯にはするけど、見た目の美しさも気になる」、金属の止め具を使わずシリコンでできた総入れ歯。

詳細はこちら

部分入れ歯

部分入れ歯・保険

ほとんどの症例に対応でき、安価でできる一般的な部分入れ歯。

詳細はこちら
自費 ノンクラスプデンチャー

部分入れ歯特有の金属の止め具を使わず、薄くて軽い、付け心地の良い部分入れ歯。

詳細はこちら
自費 アタッチメントデンチャー

接続部分に「アタッチメント」を使用し、強く噛んでもズレ難い部分入れ歯。

詳細はこちら
自費 シリコンフィット

「入れ歯にはするけど、見た目の美しさも気になる」、金属の止め具を使わずシリコンでできた部分入れ歯。

詳細はこちら
ページのトップへ
文字サイズ
無料メール相談